ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹が目立たない妊婦

 長男の時もそうだったのですが、
わたしは妊娠して胎児が成長しても
「お腹が目立たない」
妊婦でした。
どうしてかしらと今回は冷静に観察したところ、
どうやら前方にしかお腹が膨らまなかった様子。

産後、その理由がわかりました。
今回のお産に際して、前回の反省点
①太り過ぎないこと
②筋肉を落とさないこと
が功をそうしていたのか、
出産翌日から気力体力ともに衰えることなく
元気でおります。

つまり、お腹が横に張らなかったのは
腹筋をある程度きたえていたことが効果的
だったようです。
お陰で、産後10日でもとのズボン(ゆるめなやつ)
をすぐにはくことが出来ました(^^)

まぁ、長男の幼稚園通園のために
毎日計約30分間、坂を上り下りしていた
というだけですが、これが効果適面!
よくいう、妊婦のこむらがえり(足のツリ)を
一度も経験せずに済みました。

あと、産後の足のむくみも、前回のお産よりは
軽くて済みました。(とはいえ、むくみ取りの
漢方薬を処方して頂きました)

それと、今回は産道を縛っていたというのも
運動が出来た大きな要因です。

とはいえ、お腹が目立たない妊婦さんは、
本人にとってはあまり有り難くなかったです。
例えば、
苦しくても電車で席をゆずって貰えないし、
一人で喫茶店に入れば、
「タバコはお吸いになりますか?」
などときかれる始末。

話がそれましたが、
腹筋、これは分娩にも産後にも大事ですね。
お産の時は気張るのに必要ですし、
産後の子宮収縮にも必要なのだなぁ~
と産院にて実感しました。

ただね…下腹部はたるみます。

女性雑誌で言われるのとは異なる真の
「マシュマロボディ」になりましたわ。


下腹部のヒフがやわらかーなのです。
もーふにゃふにゃ~。

とりあえず、ウエストより上の部分の腹筋は
めらめらカーヴィーでなんとかなりそうなんですけど、
下腹部は……
コアリズムでも時間がかかりそうです(-▽-;)

そうそう、
肝心のお腹が横に広がりにくかった腹筋部分は、
ちょうどくびれている部分の両側です。
これはコアリズムですぐに引き締まりそうです。

ちなみに、刺激されているなぁ~というのは、
体操中に筋肉痛になっているからです。
お風呂上がりにドライヤーをかけながら、
一人鏡の前で踊っていますので、せいぜい5分程度です。

個人差があるので何とも言えませんが
私の場合、この程度でもくびれを実感できました。

股関節の痛みも、産後10日以内でほぼ治まっています。

あとは、下半身のひきしめだわー。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。