ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバ父さんの大奮闘記

 実は昨日退院しました。

6月の末から、7月の半ばまでの入院でした。
当初は、1週間の予定だったのですが、
原因不明の咳が治まらず、
入院の延期が1回、手術の延期を3回
したのです。

手術の内容は、子宮頸管をしばるもの。

今年の4月下旬に、
めでたく第2子懐妊となったのものの、
お腹の張りがひどく、長男の時よりも
早い時期に、産道が短くなってしまったのです。

そこで、お腹の張りを薬で抑えつつ、
子宮頸管をしばるための入院をしました。

長男ぶいお君は、春から幼稚園生。
週1回のお稽古ごともあるので、
休ませるのは可哀想。

という訳で、ろばお父さんには、
ペ母の入院期間中、
家事育児仕事の全てをお任せすることに。

ろ父さんは、
お仕事のフレックス制度を活用し、
朝、息子のお弁当を作り、
朝ごはんを食べさせてから、
幼稚園へ送り届け、そのまま仕事へ。
帰りは、息子の延長保育お迎えに、
夕ご飯と妻のお見舞い。
夜は息子の寝かしつけとお洗濯。

そこでやっと初めて自分の時間。


という生活を、頑張って2週間半
続けてくれました。

もちろん、双方の両親の協力あってです。

でも、ろば父さんは良く頑張っているなぁ
と思います。

退院したばかりで、ヘロヘロなので、
まだまだお洗濯はお任せするかもしれないけど、
とりあえずは、お疲れ様でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。