ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コロバチャンの初託児

 共働きのご夫婦にはなんてことない話かもしれません。
今週水曜日、ぺり母は市のスポーツ講習会に参加しました。
そしてその日は、記念すべき息子の初託児。

結果を先に申しますと、全く問題なし。
注射を打った時くらいの平静さ。母としては若干さびしいものでした。

スタッフの方に様子を伺ったところ、
①大人しい
②周りの子供たちの顔をひとりひとりじっと観察していた
③ビデオが終わると、知らせてくれた
④みんなが遊んでいた人気のおもちゃを、みんなが遊び終わってから
手にとって遊んでいた

とのことでした。
最後の④が親としては結構泣けるわ・・・。
つくづく競争力のない息子だなぁとしみじみ。

普段も息子は2階で、私は階下でお洗濯とかしているので、
一人でもそんなに泣いたりはしないんでしょうね。

とは思っていたのですが、昨晩の寝る前はそうでもなかったのです。

私がお風呂に入っている間、コロバチャンはわーわー泣き。
ロバ父のお世話の甲斐なく、ずっと泣き続けてていたらしい。
夫は「きっとバランスボールを探していたのだ」
と言っていますが、
私は母を求めていたに違いない。
と勝手に解釈しています。

だって私が風呂から戻ってきたら、大人しく一緒に寝付きましたからね。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。