ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表現方法で受け止め方もさまざま

 原発に関して、
強い口調で、事実とともに主観的な批判をくりかえす方も
いらっしゃいますが、その一方で静かに語る方もいらっしゃいます。
表現方法は人それぞれだけれども、受け手として 
私は後者の方が 優しさや恐ろしさを感じずにはいられません。
 
動画は、ウクライナ出身の女性歌手の方の演奏です。
チェルノブイリ原発事故により故郷を追われ、現在は日本で音楽活動を
していらっしゃるそうです。
語りは穏やかで優しい声ですが、音楽はただただ悲しくて涙がでます。
自分がこの演奏を聴くことで流す涙にどんな意味があるのか、
私自身には理解できません。
しかし その唄声には鬼気迫るものを感じます。
その言葉の中に攻撃的な内容はないのに。



動画は、「いつも何度でも」から「防人の歌」へと続いています。
うぉう、なんでこんな悲しい歌があるんだよぅ。









話題変わって、先日 レモンケーキテイク2を焼きました。

110401(2).jpg   110401(3).jpg
 ↑
レモン果汁を半量に減らした以外、配合は同じです。
それにあんずジャムを小さじ2杯加えたので、ケーキの底に
穴ぼこが見えます。
このレモンケーキのレシピを見て、
お菓子づくりを経験されている方は、おや?と思われたかもしれません。
実は一般的なケーキレシピに比べて、圧倒的に砂糖とバターの配分が
少ないんです。べつにケチったわけではなくて、
入れる分量の多さにおののいて…というのが理由です。

レモン果汁を減らしたのは、冷めたケーキを食べたら、
酸味の後味が残ったからです。

テイク2は、夫に食べてもらっても「問題なし」でした。
甘みを抑えた分、バターの塩味がわかります。少々「甘辛」かも。

ランキングカテゴリーを育児生活メインに変更しました。よろしくね。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。