ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事件は軽井沢にあり~横溝正史『仮面舞踏会』~

 ロバさんのふとした興味から、何故か私が横溝正史にはまっております。
当の本人は、『八墓村』を読んでしまったので、満足の様子。

 私は、もともと推理小説やサスペンスドラマが好きなんですが、
これは多分親の影響かなぁと思います。
なかでも、天地茂の明智小五郎シリーズが好きで、
小学生のころは、お昼寝でうなされたりしたものでした。

そんな思い出のサスペンスドラマのワンシーンのひとつでもある、
『仮面舞踏会』、実は今回初めて小説で読みました。
内容がオトナなだけに、ドラマの結末は全く覚えていなくて、
ゴルフ場のワンシーンとマッチで記された記号のシーンしか
記憶になかったのです。

 お話の内容の前に、横溝作品(金田一耕助探偵が登場するもの)
の大まかな世界について、説明しましょう。
もちろん私の持つ個人的イメージです。

①元華族で落ちぶれた人たちか成功した人たちが登場する。
 貧乏人と、成金を含むお金持ちの両方が出てきます。

②戦後の日本が舞台。
 昭和25~30年代頃の日本。高度経済成長期なのか、
 団地が建ったり、新興住宅地が建ったりと景気が良い感じ。
 
③華やかさと血と妖艶(ようえん)、まぁ物理的にも心理的にもドロドロ。
 爽やかな殺人事件なんてまぁまずナイデショ。

④金田一探偵は見かけこきたない。

⑤登場人物は、美人かブス。 美人が出ない話はない!

⑥登場人物が、やたら青ざめたり憤ったり、怪しく笑ったり。


以上のイメージを抱いて頂くと、小説の話も理解しやすいです。

物語は長編です。舞台は軽井沢。
ある有名女優の元夫が次々と謎の死を迎えていく。
たまたま避暑にきた(ということになっている)金田一耕助は、
その事件に遭遇する。

登場人物のほとんど全ての人が疑わしく、
また犯人の予想がつきにくいので、ネタばれをされると腹が立つもしくは
ガッカリするかもしれません。

私がこの作品に惹かれたのは、登場人物のユーモラスさと、
情景描写に描かれた軽井沢の自然がリアルだったからです。

とくに 金田一探偵に捜査を依頼した、
元公爵のユーモラスなダンディっぷりは、終始物語のアクセントに
なっていて、映像化するなら「こんな俳優がヨイワ~」っと
乙女心をくすぐります。
話はもちろんドロドロなんですが、この元公爵の爽やかさで
読後感は救われているのでしょうね。

金田一探偵が登場する物語の中でも、
きちんと起承転結している作品だと思います。
(作品によっては、犯人が自殺して、突然終わったりするため)。

あと、車や電車(列車)、建物などの描写が意外に細かいので、
物語の舞台となった時代の映像を検索してみる楽しみもあります。


なんといっても、物語の舞台が軽井沢!
今月 家族で軽井沢へ遊びに行けそうなので、
遊びに行けたら またこの本を読もう。

仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)仮面舞踏会 (角川文庫―金田一耕助ファイル)
(1986/09)
横溝 正史

商品詳細を見る

スポンサーサイト

人間関係に悩んだら

営業職をしていた時分、人に勧めた本の一つです。
物語のテーマは単純で、「愛は無限」というお話です。

この本を人に勧められたあたりは、
本を勧めて下さった方も自分も心理的に非常に辛い時期
だったんだと思います。
心理的に辛いというのは、体が辛い以上に悲しいことかもしれません。
肉体的に異常がなくても、体が動かないとココロが認識している訳ですから。

ふわふわさんというのはあたたかい愛で、
チクチクさんというのは疑う心や嫉妬心など、マイナスの感情です。
人は誰でもふわふわさんを持っていて、
本来 いくら与えても尽きることはないものなのだそうです。
ところが悪い魔女がやってきて、ふわふわさんは有限である。
と吹聴し、ふわふわさんが減ってきた人には、
代わりにチクチクさんを与えていくのです。
そして
チクチクさんで満たされた世界は、疑いや憎しみに満ち、
人々はやりきれない寂しさに満たされるのでした。

現代社会にあてはめると、結構コワイ物語なのかも。
ふわふわさんとチクチクさん―大人のための心理童話ふわふわさんとチクチクさん―大人のための心理童話
(2001/12)
クロード スタイナー

商品詳細を見る


私信:ふうさん、連絡アリガトー。

人を受け入れるということ

ふわふわさんとチクチクさん―大人のための心理童話 ふわふわさんとチクチクさん―大人のための心理童話
柴田 淳、クロード スタイナー 他 (2001/12)
扶桑社

この商品の詳細を見る

 今日は会社の用で、普段お話しすることのない方から説明を受けること
がありました。内容は自分の会社でのランクや給料・昇給に関わることでした。
以前にも先輩から説明を受けていたのですが、理解・納得には至らずでした。
説明をして下さった方が専門家ということもありましたが、それよりも
私が安心して質問と理解をすることが出来たのは、彼の受け答えのおかげでした。
最近私が社内でひどく落ち込んでいたのもこれに関わることでした。

「ふわふわさんとチクチクさん」は、ヒトとヒトとの関係を分かり易く物語に
例えています。
ふわふわさんは持っているとココロを暖かくするモノです。
一方チクチクサンはヒトを不快にさせ、さむざむとさせるものです。
ふわふわさんは無限に存在するので、ヒトに分け与えてもなくなることは
ありません。


ヒトの悩みを聞くのに必要なのは、理解力や言葉とは限らないと思います。
何故なら、動物や植物に癒される場合もあるからです。
何らかの問題があって助けを求めているヒトにとって必要なのは
批判的な受け入れ態度ではなく、静かに受け入れてくれる雰囲気なのだと思います。

自分がおかれた状況や人間環境を改善していくには、相手を変えるには、
まず自分が変わることが必要。と言われ、私自身もそう思い始めました。
でも、どういう風に変わればよいのか分からない、といったところでした。
ですから今日、自分の質問に対してチクチクした言葉ではなく、
暖かい言葉を返して頂いたのは とても大切な事でした。
「そして自分はこうありたい」という理想が見えてきた感じがします。

絵やお話は単純ですが、結構深い意味をもつ「ふわふわさんとチクチクさん」

人間関係に行き詰まった時、読んでみてはいかがでしょうか。

山本容子「本の話 絵の話」 

本の話 絵の話 本の話 絵の話
山本 容子 (2006/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

 母が読んで面白かったということで、宅急便にて送ってきました。
版画家である彼女が、どのような考え方で作品を生み出しているのか
といった内容なのですが、読んでみたところまるで自分の思考回路の
様でした。
要は、あるテーマについてそのものを描くのではなく、
自分の中でテーマをネタに遊び、それをまとめて、
「私はコレについてこー思うわけ」
ということを表現なさっているみたいです。
ですから本の表紙では、サンテグジュペリ自身が飛行機になって
飛んでいたりします。
後日、母と本の話をした折に、いかにも本に影響されたかのように
思われるのが癪なので 自分からは思考回路の話は持ち出さないように
していましたが、母も私の思考回路と山本 容子氏の考え方のトビ具合が
似ているなぁと思ったのだそうです。
親に自分のトビっぷりを認められるとそれはそれでやっぱりねー(-p-;)


学生時代に読んだ本

天国はおおさわぎ―天使セラフィーノの冒険 / ガブリエル バンサン
 残念ながらこの紹介文には画像が付きません(-p-)うっ。

 
 私は大学を2回卒業したのですが、2度目に大学に入った時には、
もうやりたいことが満載で(今も)、学生の内にしか出来ないことを
少しでもやってやろうという気持ちでした。
あんまりにもしゃかりきになっていたので、周囲の学生さんとは
気持ちの面で温度差があったようです(社会人になった今もね)。

 本の内容は、退屈な天国の毎日で、天使セラフィーノが自由を求めて
さまざまないたずらをする、というものです。
天国では、毎日お年寄りから子供まで、みんなそろって映画を見ることが
義務付けられています。それもつまらないものばかり。
セラフィーノは、集まりから一人離れて絵を描き始めます。
やがて天使達はセラフィーノに触発されて、絵を描き始めます。

セラフィーノに影響を受けた天使達が、絵を描きながら「いきいき」
としてくるのが面白いです。(やっぱり天国は死後の世界なのだな)

常に集団から離れようとするセラフィーノの言動を読んでいると、
「どうしてみんなは大人しくしているの?今のままじゃつまらないよ。」
という気持ちが伝わってきます。

学生生活を再開した当時、「今をどれだけ濃密に生きるか」
に必死だった私は、主人公セラフィーノを自分のことのように感じました。
それだけ必死だった学生生活が、今の仕事に役立っているかというと、

うぉう、人生上々。当時の私よ有難う!

という位、役立っています。
社会に属する限り、守るべき秩序はありますが、そうした中にあっても
何か新しい自分を興したい方には オススメの1冊です。

余談:
大学卒業後に動物病院の開業を狙っていた学生さんは、大学1年次から
動物病院に実習に通っていたりしてました。
私の場合は養豚場勤務が目的だったので、企業養豚とか小規模農家とか
色んな農場さんを回っていました。(単に現物支給=肉を狙っていた
という話もあり。就職しても自社の肉ねだってました・・・)
→この経験が結構「コネタ」として営業の後押ししてくれます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。