ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マンガ『めざせ!養豚場の星』が出版されました。

 以前、緑書房 月刊『養豚界』で連載させて頂いていた
養豚マンガが、この度出版されました!

カバー - コピー

緑書房 『めざせ!養豚場の星』
著者 : 池田慎市 (原案)
: クシキノアイラ (マンガ)←私です
出版社名 : 緑書房
発行年月 : 2012年 07月
ISBNコード : 9784895310291
ページ数 : 148P
定価 : ¥2,625(税込)


雑誌で掲載されていたマンガに、加筆&修正したもので、
今現在、以下のサイトでネット購入が可能です。

緑書房
TSUTAYAオンライン
セブンネットショッピング
楽天ブックス
boox store
jbook
紀伊国屋書店BookWeb

養豚初心者の方、後輩を抱えた先輩の方々、
農場長の新人教育に、と是非是非ご活用くださいませ。

みなさま よろしくおねがいいたします。


スポンサーサイト

ジミナゼ バベトリ パマキン タイレリア

表題は何かというと、
「駆虫薬と対象寄生虫」を覚える歌です。
残念ながら、初めのところは忘れてしまいました。
と、書いたところで、書き留めていた昔のノートを思い出し、
引っ張り出してきました。

ちなみに、フシはドラえもんです。

トリメトプリム コクシジウム
ジミナゼ(ン製剤) バベ(シア) トリ(パノソーマ)
パマキン(8-アミノキリン製剤) タイレリアー
スルファジメトキ(シ)ン トキ(ソプラズマ) 
マラ(リア) ロイコ(チトゾーン)
ビーチオノールは 条ー虫吸ー虫ー
イベルメクチン ほとんど全部ー
(カメには禁忌だよー)
あんあんあん 
ブラジカンテル 条(虫)吸ー虫ー


というやつで、国家試験の勉強時、
呪いのように唱えておりました。
先日、仕事で放牧牛の小型ピロプラズマ(赤血球に寄生する寄生虫)
の検査と駆虫という話が話題になり、
駆虫薬と耐性(薬が効かなくなること)という話で、
アミノキリン製剤とバベシア(小型ピロプラズマの一種)
という単語が出てきたので、
「あー」
と思いだした次第でした。

仕事初日でデゥーワップ



 先週末は、鹿屋リナシティにて焚き火ライブに参加しました。
その週は転職充電期間の最後の週。
26日に無事婚姻届を提出し、その晩は知り合いの飲み屋さんで、
となりに座っていたご夫婦にケーキをごちそうになりました。
プラス、お店のご夫婦にもケーキを頂いてしまいました。
鹿屋って良いところですね。

金曜日は地元のバーで友人のライブに行き、そこでもおめでとうMCを頂きまして、
その翌日は、ロバさんとバイク2台で生うどん つちやへうどんを食べに行きました。
↑画像は釜あげと炊き込みご飯です。
鹿屋の讃岐うどん屋さんです。ちょっと道はわかりにくいのですが、
うどんのコシは最高です。機会があれば 是非チャレンジを。

(日曜日の焚き火ライブでも、観客・出演者の皆様から、祝福して頂きました。
感無量!本当にありがとうございます!!)

そして今日から新しい職場での仕事が始まりました。
とはいっても初日。午後は時間を頂いて、銀行口座を作りに行ったり。
旦那の姓はちょっと珍しいので、はんこ屋さんに在庫がなく、
2本1時間ばかりかけて作って貰いました。
その時間を利用して、リナシティの公開ラジオを見に行きました。
080701-1.jpg

出演者は、ジミー入枝氏。番組は昼12~13時「いかんせちゅうとよ」。
先日の焚き火ライブで出演された、鹿児島で活躍されている歌手の方です。
鹿児島は日置市出身、生粋のかごんま人。
また、
「グッド・ナイト・ベイビー」でおなじみの、ザ・キングトーンズに師事し、
最近では、デゥーワップでアレンジした、鹿児島民謡のシングル(10曲入り)
を出されています。
↓ジミー入枝(いりえだ)とザ・キングタウンズの公式サイトはこちら。
http://jim-ktowns-1988.petit.cc/
「茶わん虫体操」をクリックすると、ジミーさんが踊ってくれます。
茶わん虫の歌は鹿児島の有名な童謡みたいです。
(客に「茶わん蒸し」と聞かれ、「うちは1日に3回はお茶碗洗ってますよ。
虫なんかでませんよ」という内容です。)

まあそんな感じで本日の用事は終了。
↓お勉強することが沢山です。
080701.jpg

稼働最終日

山だらけ谷だらけの南九州営業生活も、明日で終了の予定。
今日は外勤最終日です。
各特約店の皆さんにご挨拶するも、近所に住んでいるので、
全く実感がわきません。
ただ、今回退職するにあたって、自分が好意を持っている、
あるいは見守って下さっていたお客様が、
沢山あったんだなぁとしみじみ感じました。

特にお世話になった分だけ、ほろりとしそうになることもあったり。
実際私が赴任当時、社内でお世話になった担当地区の皆さんは、
総入れ替えになってしまいました。
そう考えると、この鹿児島生活も奇跡的な偶然の連続だったのかも
しれません。

PAP_0020.jpg

まあそんな気持はさておいて、鹿屋黒豚カレーは3軒目。
市役所の食堂へ行ってまいりました。
平日の昼時(稼働途中なんで、決してさぼりではないですよ)、
結構込んでおりました。
たまたま合い席したお相手は、市役所の職員さん。
黒豚カレーを企画した方のようで、
小一時間お話をうかがってしまいました。
やータダでいい話聞けましたよ。ラッキー。

カレーはといいますと、クリエイトファームさんのメンチカツが
カラッと良い上がり具合でジューシー。
やさしいお味のカレーでした。
量は女性でも多すぎない程度。
(何せ前出2軒は大盛りのお買い得です!)
昼1時半でオーダーストップなので、とにかく昼時に
食べに行きましょう。


若い(自称)夫婦の新生活は、飯の話ばかりです。

ブログタイトルとプロフィールちょこっといじりました。
願わくはゆるやかな生活になりますように。
それと、以前開設していたサイトに載せていたイラスト群、
リンクトップの「クリエイターズバンク」にて公開しております。
画像の大きさの関係で、ブログにアップ出来なかった
イラストもありますので、よろしければどうぞ。

5月27日ねこ歌舞伎『歯痛の病』アップしました。

ゆりかは続くよどこまでも



昨日、またしても桜島が噴火しました。
注意レベルも一つ上がり、私の運気も伴ってほしいものです。

今月は、公私ともに忙しくなるはずなのですが、
私事である引越し準備は遅々として進まず、
仕事はセミナーシーズンでバタバタとしております。

セミナーは前準備として、お客様に「来てくださいよーげへー」
と言ったり、「カーワイーお土産がつくんだよぉ~ん」と言ってみたり、
人が集まらないと何かと大変なのです。

セミナー開催後は、その資料を持って、方々のお客様にフォロー。

個人的に、養豚業界に関わってからずっと思っていることがあります。
それは、
大方のセミナーは、学術的要素が強くて、説明が小難しい。
ということです。

一方、セミナー参加者(生産者の方とか技術指導の方とか)にとって、
セミナーの内容自体は面白くても、実際農場で活かすにはどうしたらいいの?
という風になるんではないかと思い、
セミナー内容の説明は、自作の漫画で行っております。
ぶう博士がふきだしでしゃべってくれると、
なんか分かりそうな気持ちになります。(多分)
070804-3.jpg   070804-2.jpg

↑たとえばこんな感じ。

それから、
仕事は近いうちお暇をいただくことになる予定です。
その後何を始めるかは今のところ未定です。
そのご報告をお客様にさせて頂いたとき、惜しまれなかったのが
良いのか悪いのか。
惜しまれない代わりに、「是非うちの農場に来てください」
(ただし管理獣医師とかではなくて従業員としてだったりしてな、
もしかして)とお声をかけて頂けたのが、
今週イチバンの良い出来事です。

お肉と野菜が貰えるのであれば、行ってしまうかも。
(鹿屋徘徊おねだり獣医師誕生の日も近し!?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。