ゆりかの湯「ロチチペハハ」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーコ(PMWS)の話③



 雨が降った後の鹿児島は、母豚殺しです。
湿気と熱気が最高潮。餌食うなと言わんばかりの飛びぬけた不快指数。

サーコ(本当はPMWSといいます)は一度発症すると、今は治しようのない
コワイ病気です。
しかし対策が全く無いわけではありません。
サーコウイルスは、どうやら初乳に含まれる抗体には敵わない様なのです。
↑看板には
「セールス(病気)お断り ハハより」と書いてあります。
本当はこの間に「生後40日齢あたりまで」と入れる予定でした。
(豚は生まれてから25日齢前後で離乳します)

豚の胎盤は、ヒトに比べて構造が複雑です。
このため、豚はお母さんから胎盤を介して抗体を受け取ることが出来ません。
人間の赤ちゃんは、母乳を飲まなくても育ちますが、
豚の赤ちゃんは初乳を飲まない限り死んでしまいます。
それは病気に対する抵抗力を持っていないからです。

初乳というのは、お母さんが分娩した日にのみ出る母乳で、
お母さんの持っている病気に対する抵抗力のもと(抗体)が
沢山含まれています。

マンガではこの抵抗力(移行抗体もしくは初乳抗体ともいう)を
塀で表現してみました。
この塀で囲われている間(生後40日齢あたりまで)、
子豚はサーコやその他の病気から守られています。

上の方に描いてある天使は、子豚が移行抗体によって
病気から守られているうちに、免疫力をつけようね、と言っています。
(ただし、哺乳中に注射しても効果のあるワクチンと効果の出にくいワクチン
があるので注意です)
(つづく)



スポンサーサイト

サーコ(PMWS)のはなし②

pmws2.jpg

 昨日の過酷な天気のせいで風邪をひいたっぽいです。
えーんだるいよだるいよ。

今回は健康な豚の話です。
サーコは病気に対する抵抗力が弱る病気ですが、では健康な豚は?
例えると↑↓こんな感じです。
pmws6.jpg

なかなか立派なオウチなので、病気も営業はし辛いようです。

でもね、これが1匹のオオカミさんではなくて、大勢のオオカミさん
だったらどうでしょう(その絵はまだ製作中)。
いくら健康な豚でも、病気だらけの環境に置かれたら
やっぱり病気になってしまうと思うのです。
ですから、少しでも病気を減らすような「消毒」はとっても大事です。

一昔前の養豚生産者の方は、
「ポイントさえおさえていれば、豚舎が汚くても病気は出ない」
と仰っていましたが、今のご時世やっぱり豚舎は片付いている方が
良いのではないでしょうか。

PRRSやサーコは「豚舎のみかけだけ」を、掃除しただけでは
発症を抑えることは出来ないコワイ病気です。
そういうワケで、
見かけ以外の見えないもの(病原体の除去や免疫の付与)が
発症を予防、もしくは症状を比較的軽くするポイントになります。

まんがはまだつづきます。

サーコ(PMWS)のはなし①



 心身低迷1週間を過ごしましたが、週末某お客様からご質問を頂き浮上。
今は担当地区を外れたお客様でも、時々ご連絡を下さる方。それから
今は遠く離れていても時々ご連絡を下さる養豚関係者の方がいらっしゃる。
嗚呼あり難い(涙)ということで頑張ります。

 去年から今年にかけて、豚の年間と畜(肉にするためと殺すること)頭数
に影響を与えた病気があります。
それはPMWSという病気です。
農場のかたは「サーコ」とか「PRRS」とか呼んでいます。
厳密に言うと違う病原体なのですが、症状はほぼおんなじです。
離乳後の豚がやせて治療の効果がなく死んでしまう病気です。

まんがにすると↑みたいになります。
3匹の子豚を思い出していただけるとあり難いです。
テントにいる豚さん、一見快適そうですが、ひとたびオオカミがきて
ぷぅーっと息を吹きかけると、テントはびゅうと吹き飛んでしまいます。
pmws5.jpg

テントは体の病気に対する抵抗力だと思ってください。

こんな妄想をしつつ、土曜日は何とか浮上しだしました。
今日は大口方面へツーリングです(^p^)ノ”ヒヒヒ

パリダカ祓川

やさしい気持ちになりたかったので、ほんわりしたテンプレートにしました。
鹿児島はもう少ししたら蛍が飛び始めるそうなので、蛍バージョンにします。

鹿児島県鹿屋市祓川地区は日中灼熱地獄です。
砂利道は木がトンネルになっているので涼しいのですが、
アスファルトの道は焼け石です。
祓川地区はほぼ碁盤の目状になっており、道が一直線にのびています。
ですから遠くはゆらゆら、蜃気楼さえ見えそうです。

そんな中、フラフラ走る営業妖怪が一匹。

さすがにクーラー入れました。
手袋も買いました。
サングラス、は似合わないので、UVカットのメガネをかけています。
↑死んだ親父にそっくりかもしれない。(-p-;)あぁ。


そーなの?

06126-1.jpg
 
今日は志布志方面のお客さんを訪問しました。
朝は寒くてコートを着ていたのに、午後の鹿児島はやっぱり常春でした。
普段乗る垂水フェリーは只今整備中。このため、7時だいのフェリーは
通常3便のところ2便しかありません。
出航時間よりも10分早くかけつけたのに、乗れないなんて(0p0川)ひい。
しかもこんな日に限って 朝イチでアポとってあるし。
というわけで、次の便を待たずに桜島フェリーで大隈半島へ渡りました。
垂水フェリーの乗船時間が40分。桜島フェリーの乗船時間は約13分と短いです。
でも普段は使いません。桜島から垂水まで30分くらいかかるからです。
強制ドライブとなりましたが、朝日に輝く錦江湾の養殖場の景色はなかなかでした。
お昼は紳士の社交場(微妙・・・)信ちゃん食堂で、卸のおじさんと食べました。
それから某農場のおじさんに会いにいったのですが、あいにく半日あがり。
帰りは垂水フェリーに乗ってグースカ(-9-)いつ寝たのかも不明。
会社に戻ってからは、勉強会の資料つくり。

勉強会の資料、今回勝負に出てみました。
配布資料のうち1枚、モロまんがです。農家さんリクエストです。
さて どうなることやら。
今週なんかテンション高いです。贅肉・お仕事ともに充実しているみたいです。
足りないのは睡眠時間か・・・。

会社で医薬のMRさんと話していてそーなの?と思ったこと。
「休日にもお客さん(農場)を回るのはマニア?」

単純に農場に行くのとバイクに乗るのが好きなだけなんですよ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。